『ダイイングライト』の拡張パック「The Following」、パフォーマンス解析ムービーが公開

2月9日に海外で先行発売されたTechland開発のオープンワールドのゾンビアクションゲーム『Dying light:The Following Enhanced Edition』(PC/PS4/Xbox One)。
日本でも人気が高い『Dying light』(邦題:ダイイングライト)の大型拡張パックとなる今作ですが、機種ごとの比較を含めた解析ムービーがDigitalFoundryより公開されました。

Dying Light The Following Enhanced Edition PS4/PC/Xbox One Tech Analysis

動画内では主にグラフィック面での技術解析がされています。
また、機種ごとの違いや比較なども説明されているようです。

動画によると、コンシューマに関しては解像度はPS4が1920×1080、XboxOneが1536×1080であり、フレームレートもPS4の方が勝る結果になりました。
ここら辺は無印『ダイイングライト』と同じような結果ですね。
ただ、グラフィック面も込みで一番優れるのはやはりPC版であるとの事です。

概ね予想通りの結果ではありますが、PS4/Xbox Oneでも驚くほどの劣化は無いので、ユーザーの好みに合わせてハードを選べば良いのでは、と感じました。
国内では『ダイイングライト:ザ・フォロイング エンハンスト・エディション』として4月21日に発売予定となっています。

つみげま
オープンワールドゾンビゲーの中でも秀逸なのでぜひ諸兄にはプレイしていただきたい!
オブザデちゃん
無印版も入っているので先にプレイしたいという人は注意ですよー

ABOUTこの記事をかいた人

マッカラン@管理人

管理人。都内在住の積みゲーマーであり永遠の中二病。 積んでいるゲームの数はDL/パケ全て込みで700本近く。 SteamフレやPSNフレを募集中のぼっちゲーマー。 アニメや漫画も好きな広く浅くのぬるヲタ。 無類のゾンビ好きでもある。