アラサー筆者が選ぶ、印象に残るゲームの名言&迷言集6選

こんにちは。管理人のマッカラン(@macallan_tumige)です。
ゲームをプレイしていて、特に心に残る名言(迷言)って有りますよね?
今年で28歳と、いよいよ三十路までカウントダウンといったところの筆者が選ぶ、名言(迷言)集をお届けします。

まずは名言集から。

『サガフロンティア』より

アルカイザー
『・・・メタルアルカイザー
お前は強かったよ
しかし間違った強さだった』

サガフロンティアより、レッド編の宿敵であるメタルアルカイザー(メタルブラック3戦目)に勝利した時のアルカイザーの言葉。
このゲームは複数章から成り立つオムニバス形式のRPGですが、とにかくレッド編は熱い。
レッドはヒーローであり、アルカイザーに変身できます。そして宿敵のメタルブラックはメタルアルカイザーとして改造され、死闘に挑むわけですが、「傷ついたお前を倒しても最強の証明にはならん。」とアルカイザーを回復させる漢気(おとこぎ)。バトルBGMもアップテンポで非常に熱い!

また、アルカイザーの最強技、『真アル・フェニックス』はこの戦闘でのみ閃きます。
主人公の最強技が宿敵との最終バトルのみでしか取得できないという憎い演出。
そして、死闘の末、メタルアルカイザーを打ち倒したアルカイザーが放ったセリフが「・・・メタルアルカイザー お前は強かったよ しかし間違った強さだった」。

sagaflo

深く、熱く、まさにヒーロー物らしい名言ですね。
サガフロは筆者イチオシの神ゲーなので、ぜひともプレイしてみてください。

『ポケットモンスター金・銀・クリスタル』より

カリン
『つよい ポケモン
よわい ポケモン
そんなの ひとの かって
ほんとうに つよい トレーナーなら
すきな ポケモンで
かてるように がんばるべき』

 ポケットモンスター金・銀・クリスタルより、四天王4番手のカリンが放った言葉。
まさにその言葉通りで、強いから・弱いからでポケモンを選ぶのではなく好きなポケモンを使って勝つことを努力すべきという事ですね。

ポケットモンスターは強ポケ・弱ポケの差がそれなりに激しい類のゲームですので、強さを求めるとどうしても強いポケモンを選んでしまいがち。
自分の好きなポケモンを使ってあげるというのも、トレーナーとしては大事なのではないでしょうか。

pokemon

ちなみに、その後の公式のお言葉

pokemon2

 

『メタルギアソリッド4』より

BIGBOSS
『ボス…蛇は一人で…いや…蛇はもういらない』

(『メタルギアソリッド4』より)

筆者も1から大好きだった『メタルギアシリーズ』は本当に名言が多く、どれを選ぶか非常に悩みましたが、やはりソリッドスネークシリーズの締めくくりとなるこの言葉ではないかと思います。

時系列としては一番最期になるメタルギアソリッド4。
細かい経緯を書くとネタバレになってしまうので省きますが、BIGBOSSがスネークに告げた言葉です。

『メタルギアソリッドシリーズ』は、全て「蛇は一匹でいい」という言葉に繋がります。
特に印象的なのはメタルギアソリッド3での、ザ・ボスの名言。

theboss
ボスは二人もいらない。蛇は一人でいい

この経緯・苦しみがあったからこそ、BIGBOSSの言葉に重みや深みといったものが増しているのではないでしょうか。
蛇(スネーク)としてではなく、一人の人間として生きろと、そうスネークに告げているわけです。

BIGBOSS

 「ムービーゲー」と揶揄されることも多かったメタルギアソリッド4ですが、メタルギアシリーズファンとしては驚きや感動も多く、筆者はとても好きでした。(配役にも驚かせられましたし)


以下は迷言集

『シャドウゲイト』より

主人公
『ざんねん!!
わたしの ぼうけんは これで おわってしまった!!』

ケムコよりファミリーコンピューター向けに発売された、ロールプレイングゲームのような世界観を持つコマンド選択型アドベンチャーゲーム『シャドウゲイト』。
パッケージを見るととても硬派でオドロオドロしいゲームなのだろうかと思えるイラストですが、蓋を開けてみると『バカゲー』の類である事が判明します。

shadowgate

『悪魔城ドラキュラ』のような怖怖としたパッケージ

なにせ、この主人公はとにかくよく死ぬ。
これだけ書くと、『Soulsシリーズ』のようにとても難しくやりごたえのあるゲームのように感じますが、その死に方が独特です。

たいまつをセルフ(自分自身)に使う1回目はやけど、2回目はひどいやけど、3回目で苦しみもがいた末、死亡
炎の中に移動→「ホップ ステップ ジャンプ・・・かーるいす!!」と飛び込み死亡
鼻をつまんで油の中へ飛び込む→「ああ!! わたしは ゾンビにも なれないのか・・・。」→死亡
鏡を割る中が宇宙だった!→息ができなくなり死亡

唐突に訪れる死の瞬間。そして次の画面は

shadowgate2

まさしく死に覚えゲーなので、何度も何度も目にする事になります。
続編とも呼べる『悪魔の招待状』というゲームもありますが、それはまたの機会に。

※実は2014年にリメイクされています。気になる方はこちら

 

『ファイナルファンタジーⅧ』より

サイファー
『ぎにゃぁぁぁぁ!!』

ファイナルファンタジーⅧより、主人公スコールのライバルキャラとしてストーリーに関わってきたサイファーの最期(?)の言葉。
その特徴的なジョジョっぽいヤラれっぷりは多くのプレイヤーの心に残ったと思います。

ルナティックパンドラでの戦闘前にオーディンを入手しておくと、サイファーはオーディンから斬鉄剣を仕掛けられるのですが、それを『斬鉄剣返し』という必殺技で見事打ち負かします。
ff8_40
最高にカッコイイこのシーンもファンの間では有名。
それだけの強さを誇示したのにも関わらず、戦闘終了直前に突如ギルガメッシュが乱入。一太刀のもとに葬り去られるというカッコ悪い姿を露呈してしまいます。
スタッフのギルガメッシュ愛がよく分かりますが、当のサイファー本人はこんな形で退場させられ、以後のメインストーリーには絡んでこなくなるまさに噛ませ犬の扱いを受け、可哀想な感じになってしまいました。

ff8

哀れなり、サイファー。

 

『The Elder Scrolls V: Skyrim』より

衛兵
『昔はお前のような冒険者だった。
膝に矢を受けてしまって…』

オープンワールドRPGで恐らく一番有名なシリーズである『TES』シリーズの5作目、Skyrimの迷言です。
言葉の意味通り、「昔は冒険者だったが膝に矢を受けて怪我をしてしまい、引退してしまった」という事であり、それ自体は特に変な点は無いでしょう。
ただ、各地の異なる衛兵が口々に膝に矢を受けているのでユーザーの間でネタとして取り上げられ、爆発的に広まったという経緯。
ゲーマー以外にもネットスラングとしてとても広まったので聞いたことがあるユーザーも多いのでは?

Skyrim

膝に矢を受けすぎの件

 ちなみに、海外でもこのセリフが広まり、『Arrow In The Knee=「片膝をつく」 として、結婚という隠語があり、所帯を築いたためこの地に落ち着いたという意味である』という説も出ましたが、これは都市伝説のようです。

その後、この広まりを受けてか、『TES Online』では膝に矢を受けた白骨死体が発見されるなど、セルフパロディも見られました。


いかがでしたでしょうか。
ゲームにおける名言・迷言は多数存在するので、全てを紹介するのはとても難しいですが、いくつかに分けてお届けできればなと思います。
取り上げて欲しいものがあれば是非筆者のTwitterアカウント(@macallan_tumige)までご連絡下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

マッカラン@管理人

管理人。都内在住の積みゲーマーであり永遠の中二病。 積んでいるゲームの数はDL/パケ全て込みで700本近く。 SteamフレやPSNフレを募集中のぼっちゲーマー。 アニメや漫画も好きな広く浅くのぬるヲタ。 無類のゾンビ好きでもある。