大人気牧場シミュレーション『Stardew Valley』がベータ版でついに公式日本語対応!

Steamで配信中の大人気牧場シミュレーションゲーム『Stardew Valley』ですが、本日のベータ版アップデートでついに公式日本語が実装されたようです。

もともとはPLAYISMによる日本語化が発表され、2016年10月頃に日本語を含むローカライズアップデート予定だったはずが延期となり、2017年2月早期にようやくアップデート実装の見込みが立ったという内容が既に報じられていました。
紆余曲折はありましたが、やっと公式で日本語プレイ可能となりましたのでファンとしては嬉しい限りですね。

有志による日本語化MODはすでに存在していましたが、PCゲームに慣れていないユーザーでも簡単に日本語でプレイすることが出来るようになったわけですから、公式での日本語実装を待ち侘びていたユーザーも多かった事でしょう。

公式日本語バージョンはベータ版を適用する必要があるので、現在では少し手順が必要です。
手順としては簡単なものではありますが、以下に方法を記しておきますので、ご参考ください。

Stardew Valleyの公式日本語を適用する方法

 

1.Steamライブラリのタブから『Stardew Valley』を右クリックし、プロパティを選択

 

2.プロパティのタブから「ベータ」を選択、その後、「参加希望のベータを選択してください:」のプルダウンメニューから、「beta – Help test new updates before they go live!」を選択。
そうすると『Stardew Valley [beta]』というようにゲーム名のあとにベータという表記がつくようになります。

 

3.ゲームを起動し、右下のオプションを選択

 

4.言語一覧が表示されますので、「日本語」を選択。

以上の手順で、公式日本語が適用された状態でプレイする事が可能となります。

 

フォントは細めの手書き風。とても読みやすいです。

 

看板などのグラフィックも日本語化されています。


ファンとしては待ちわびていたというか、「また延期するんじゃないか」とヒヤヒヤしていましたが、無事に日本語対応されましたね。
MacOSXでも試しましたが、同じ手順で日本語化出来たので、有志の日本語化MODが使えず歯がゆい思いをしていたMacintoshユーザーにとってはこの上ない吉報ではないでしょうか。

開発元であるChuckfishのブログでは、ユーザーからのフィードバックが欲しい、という事でした。
また、飽くまで現時点ではベータ版であり、公式な実装というわけではないみたいですので、その点はご注意ください。
期間は未定ですが、念のためセーブデータのバックアップを行っておいたほうが良いかもしれません。
公式実装は今後アップデートによって追加されるマルチプレイモードと平行して行われていくそうです。

評価のとても高い良ゲーですので、様子見していたユーザーはこれを機に購入を検討してみては?

 

ABOUTこの記事をかいた人

マッカラン@管理人

管理人。都内在住の積みゲーマーであり永遠の中二病。 積んでいるゲームの数はDL/パケ全て込みで700本近く。 SteamフレやPSNフレを募集中のぼっちゲーマー。 アニメや漫画も好きな広く浅くのぬるヲタ。 無類のゾンビ好きでもある。