[TIPS]SteamリンクでFALL OUT4のフレームレート(fps)が極端に落ち込みカクつく時の対処法※追記あり

ゲーマー諸兄の皆様方、どうもこんにちは。
最近ではSteamリンクを使っていろいろと積みゲーを消化しようと目論む管理人のマッカラン(@macallan_tumige)です。

Valveから発売されたSteamリンク。
母艦PCとネットワークを通じて接続し、リビングのテレビで高品質なホームストリーミングを堪能できる夢の様なマシンですが、個人輸入をした筆者が数ヶ月使ってみての感想は「クセが強い」という点でした。
値段は50ドルととても安価ですので、いろいろ試すには良いガジェットですが、筆者がとても困ったのが”FALLOUT4でフレームレートが異常に落ち込む(30fpsを割る事もしばしばある)”という点。
720p(1280px × 780px)ならばそれなりに改善が出来るのですが、1080p(1980px × 1080px)だとこの症状が出てしまいます。
私の環境だけかと思いましたが、ネットで調べるとどうやら同じような状況になっている人が多いみたいでした。
せっかくのホームストリーミング。できるならば高品質なプレイがしたいですよね。

FALLOUT4はビッグタイトルですし、Steamリンク自体の日本発売はまだとはいえamazon等でも並行輸入品が現実的な値段の上乗せ(6,980円)で購入出来るので、今後ユーザーも増える事と思います。
今回、FALLOUT4のフレームレートが落ち込む問題を解決する方法を見つけましたので、以下に記します。

全ての環境で改善が出来る事を保証するものではございません。
予めご了承をお願いします。

改善可能・不可能な環境

まず、改善が可能かどうかという判定が必要です。
確認すべきなのは以下の事由。

  • ホームストリーミングを行っていない状態で、しっかりとフレームレートは確保できているか。
    つまり、母艦のマシンスペックは十分にあるかという点です。
    ホームストリーミングを行っていない状態ではしっかり動いているという点が重要です。
  • 回線が無線LANなど低質な状態ではないか。
    ネットワーク接続速度が遅いと、それに伴って遅延やカクつきが生じます。
    無線LANでも高品質な回線ならば問題が生じない可能性もありますが、安定性を求めるならば有線接続をオススメします。
    Steamリンク側で、回線の品質が緑色になっているかどうかをお確かめ下さい。
    有線接続でも速度が遅い場合、ルーターやLANケーブルを疑うべきかもしれません。

改善方法

では、本題の改善方法を記載します。

方法1. FALLOUT4のフレームレート制限を解除する

FALLOUT4のPC版は、デフォルトでフレームレート制限(上限60FPS)が掛かっています。
この辺が悪さをしているせいでホームストリーミングを行った際にフレームレートが落ち込んでしまうようです。
そのため、この制限を解除すれば、Steamリンクでフレームレートが異常に落ち込む事を回避する事が出来るようでした。

フレームレート制限の解除方法は以下

  1. “C:\Users\ユーザー名\Documents\My Games\Fallout4″フォルダにアクセスする
  2. “Fallout4Prefs.ini”というファイルを確認する。
    この際、右クリック→プロパティを選択し、「読み取り専用」にチェックが入っていないかどうかを確認する。もしチェックが入っていたら、そのチェックを外して下さい。(筆者の環境ではゲームを起動する度に自動的にチェックが入ります)
    check1
  3. “Fallout4Prefs.ini”をメモ帳などで開き、39行目にある”iPresentInterval=1″のプロパティ値を1から0に変更し、保存。
    ここで2の読み取り専用のチェックを外していない場合は保存できないので、読み取り専用のチェックを外して下さい。
    check2
  4. このままSteamリンクからFALLOUT4を立ち上げれば改善しているはず

方法2. Steamリンクの設定から「ハードウェアエンコード」を外す

筆者の環境では方法1よりも目に見えて改善された方法がこちら。
bigpicture状態での右上歯車マークの設定から、クライアント設定を選び、「ハードウェアエンコード」のチェックを外すだけです。
check3

このハードウェアエンコードはGPUを用いてエンコードをする設定ですが、チェックを外した状態ではこの処理をCPUが行うようになるのだと思われます。
恐らく、Steamリンクでゲームを起動している際にCPU使用率が高くなければ効果が見込めるのではないでしょうか。
筆者の環境はGPU:NVIDIA GeforceGTX780Tiシングル、CPU:Intel Core i-7 4770K@4.2GhzにOCして使用という環境ですが、GPUにパワーがあってもCPUに余力があればチェックを外した方が良い結果が得られる可能性があるようでした。

以上となります。お疲れ様でした。
筆者の環境ではこの手法でフレームレートの改善がみられました。
長時間プレイして動作を確認したわけではありませんが、以前はプレイ冒頭で30fps付近まで落ち込んでカクつきを感じましたが、方法1をとった後は50fps~60fpsで安定するようになっています。方法2をとった後は60fpsで貼り付き、完全にカクつきが抑えられました。
同様の症状で悩んでる方がおられましたら、参考にしてみてはいかがでしょうか。

2016/07/08 より効果的と思われる方法2.を追記しました。

ABOUTこの記事をかいた人

マッカラン@管理人

管理人。都内在住の積みゲーマーであり永遠の中二病。 積んでいるゲームの数はDL/パケ全て込みで700本近く。 SteamフレやPSNフレを募集中のぼっちゲーマー。 アニメや漫画も好きな広く浅くのぬるヲタ。 無類のゾンビ好きでもある。