GCのバイオレンスアドベンチャー『Killer7』のSteam版が2018年秋に発売予定。

2005年にGC/PS2でカプコンから発売されたバイオレンスアドベンチャーゲーム『Killer7』のSteam版が2018年秋に発売予定だそうです。
開発元のグラスホッパー・マニファクチュアからTwitterで正式に発表されています。

また、既にSteamストアページも公開済み。
日本の開発元から発表されているので当然ですが、きちんと日本語対応。

『Killer7』はニンテンドーゲームキューブ唯一のZ指定作品。
プレイステーション2でも発売されていますが、性的・グロテスクな表現が自主規制で抑えられています。
今回Twitterでわざわざ「GameCube版」という言葉を使っているという事なので、規制無しバージョンという事で間違いないでしょう。
また、「オリジナルのままの移植」(via:ファミ通.com)という言及が取られているみたいなので、高解像度化などの処置は行われていないベタ移植の模様。

金額などはまだ未発表ですが、気になる方はウィッシュリストに追加しておくなどしておくと良いかもしれません。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

マッカラン@管理人

管理人。都内在住の積みゲーマーであり永遠の中二病。 積んでいるゲームの数はSteamライブラリで約1900本。 SteamフレやPSNフレを募集中のぼっちゲーマー。 アニメや漫画も好きな広く浅くのぬるヲタ。 無類のゾンビ好きでもある。