Steamで『春の大掃除』イベントがスタート。多数の週末無料プレイも開始。

PCゲームの販売プラットフォームとしておなじみ、Steamでユニークなイベントが開始されました。
春の大掃除と題されたイベントは、(とりわけ本数3桁オーバーの積みゲーマーの)ユーザーのライブラリに眠る「忘れ去られたゲームたち」を呼び起こす良いきっかけとなりそうです。

日替わりのタスク・プロジェクトを完了しよう

期間内に定められたタスク・プロジェクトを完了させると、トロフィーが貰えます。
このトロフィーを5つ集めるとプロフィールに使えるバッジが1つアンロックされるみたいです。
日替わりタスクを多数こなしていけば、XPを保有したバッジをどんどんレベルアップさせていけるので、それに合わせてSteamレベル上げ(Steamレベルはフレンド数上限の開放などのメリット)に使えるという仕組み。

日替わりの3項目のタスク、そして28日までにこなせば良いプロジェクトの2種類があります。

「1度もプレイしていないゲーム」
「過去6ヶ月以内に購入したゲーム」(外部キーは含まれない?)
「プレイ時間が1時間未満のゲームをプレイする」
といった様々な条件を満たすゲームをプレイすることで、トロフィーを獲得する事ができます。

これは明確に「○○分以上プレイしろ!」というわけではなく、ちょっと起動するだけでもOKみたいなので、トロフィーの獲得自体は容易。
また、条件に合うゲームについてもタスク・プロジェクトをクリックすると表示してくれるので、条件が合うゲームが分からないという事はなさそうです。

トロフィーを5つ集めるとバッジや絵文字を獲得。
さらに、「Mystery Item」と題された謎のアイテムがインベントリに追加されます。

恐らくこれはイベント終了後に何かしらのアイテムを貰えるという事だとは思いますが……非常に楽しみですね。
前述の通り、トロフィーの獲得自体は容易なので、達成してもらっておきたいところ。

プロジェクトでユニークなものは、「Steamアカウントに初めて登録したゲーム」ではないでしょうか。
Steamに登録して長いユーザーであれば、忘れかけていた懐かしいタイトルに出会える事必至。
ちなみに筆者のこの条件を満たすゲームはこちらでした。


「LEFT 4 DEAD」「LEFT 4 DEAD2」
はい、ド定番ですね。L4D Bundleが初めて購入したタイトルです。
最初のHL2の後にSteamブームが来たのがこの時期なので、同じユーザーさんは多いと思います。

ともあれ、様々な条件があり、それに見合うゲームをSteam側が提示してくれるので、ライブラリの奥底でまだ見ぬ(というか忘れられている)ゲームを発掘するには良いイベントなのではないかと思います。
ゲーム実況やレビューを行っている人の、次のゲームを選ぶ基準などに使っても面白いのでは。

週末無料プレイも多数開始

イベントに合わせ、だいたい毎週1点か2点が相場だった週末無料プレイタイトルが豪華にも9タイトル登場。

なかなかの良作揃いで、どれもオススメできる作品ばかりです。
イベントに全く興味がない人でも楽しめるのではないでしょうか。

Steam『春の大掃除』イベント、期間は5月24日~5月28日までの4日間。日本時間とはズレがある事にご注意ください。

ABOUTこの記事をかいた人

マッカラン@管理人

管理人。都内在住の積みゲーマーであり永遠の中二病。 積んでいるゲームの数はSteamライブラリで約1900本。 SteamフレやPSNフレを募集中のぼっちゲーマー。 アニメや漫画も好きな広く浅くのぬるヲタ。 無類のゾンビ好きでもある。